良性腫瘍と悪性腫瘍の違い

白衣の女医

人間の体の表面や内側には、時として腫瘍ができることがあります。
腫瘍とは、何らかの原因によって細胞組織が変性し増殖したものが固まっている状態のことを言います。
腫瘍には良性と悪性があり、悪性のものは癌と呼ばれることもあります。
どちらの腫瘍も自然に増殖していくものですが、良性の場合は腫瘍が大きくなることで周辺の神経などを圧迫する可能性などはありますが、切除をすることで他に影響を及ぼすことはありません。
一方、悪性の場合は手術で腫瘍を切除したとしても、少しでもがん細胞が残っていた場合には再び増殖をし始めます。
がん細胞が増え続けると、やがて血液などに混じって、最初に見つかった腫瘍とは離れた他の部位にまで転移をしていきます。

癌と診断された場合、現在医療機関で行われている一般的な治療法は手術療法、放射線療法、化学療法となっています。
これらの治療法に対しては公的医療保険が適用されますが、医療費が高額になった場合には申請をすれば医療費の一部が補助される制度があります。
また、最近では医療技術の進歩で、先進医療と呼ばれるより高度ながん治療や、新しい治療法と注目されている免疫療法の一種であるがんワクチン療法などを取り入れている医療機関も増えてきていますが、これらの治療は一般の治療との併用は認められているものの、まだ保険診療は認められていません。
患者が希望すればこれらの治療を受けることができますが、全額自己負担のため高額な治療費となる場合が多くなっています。

現在の日本では、生活習慣や食生活などの多様化やストレスなど様々な要因で、3人に1人は生涯に一度はがんにかかると言われています。
しかしながら、医療の飛躍的な進歩により、従来なら見つけられなかったような小さな癌でも見つけることが出来るほど検査機器も精密になっています。
そのため、早期の段階で治療を始められるケースも多くなり、がんになっても治る可能性も高くなっています。
また、がんの治療法に関しては世界各国で様々な研究が行われています。
がんワクチン療法などにおいても、現在の日本ではまだ保険診療が認めれてはいませんが、アメリカなどでは国に承認されたワクチン療法なども出始めているため、今後は日本でも承認される治療法が増えていくものと期待されています。

オススメリンク

癌の転移の原因などを詳しく知りたいなら|癌の転移について知るためのサイト

様々な最新治療法

癌の手術は最近では切らずに、腹腔鏡などの器機を用いて行う事が多くなり、術後の回復が非常に早くなり患者さんにとっては大きなメリットとなっています。
この手術は技術的にはかなり難しい手術になRead more

手術以外の方法

腎臓の癌の治療は大きく分けて4つあります。
一つは経過観察、これは腎臓のがんが非常にゆっくり大きくなる特徴をいかしたものになります。
特に患者さんでも心臓や肺が悪い方で手術をするRead more

闘い方

この細胞は、若い人であればあるほど、その進行が早いと言われますが、その理由はやはり若い人の癌細胞は、年寄りのものよりもはるかに元気だからです。
つまり普段の食生活におきましても、その進行Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031